お知らせ connpassではさらなる価値のあるデータを提供するため、2024年5月23日(木)を以ちましてイベントサーチAPIの無料での提供の廃止を決定いたしました。
料金・プラン等につきましては後日改めてご案内いたします。詳しくはこちらの お知らせをご覧ください。

お知らせ connpassをご利用いただく全ユーザーにおいて健全で円滑なイベントの開催や参加いただけるよう、イベント参加者向け・イベント管理者向けのガイドラインページを公開しました。内容をご理解の上、イベント内での違反行為に対応する参考としていただきますようお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Nov

16

多部署連携で実現する最高のアジャイル開発 〜プロダクトを支えるPDCAの仕組み〜

Organizing : Sansan株式会社

多部署連携で実現する最高のアジャイル開発 〜プロダクトを支えるPDCAの仕組み〜
Hashtag :#33Tech
Registration info

現地参加

Free

FCFS
4/30

オンライン参加

Free

Attendees
41

Attendees
maanii2002
翡翠
k-shinguchi
_ryook
Daiki Suyama
manaty226
YutaroTakase
TANAKARITO
tominagaaaaa
marks
View Attendee List
Start Date
2023/11/16(Thu) 19:00 ~ 21:00
Registration Period

2023/10/26(Thu) 10:41 〜
2023/11/16(Thu) 21:00まで

Location

Sansan株式会社

東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル 13F

View Map Venue Homepage
参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)
出席登録
(イベント開始時間の2時間前から終了時間まで、参加者のみに公開されます)

Description

多部署連携で実現する最高のアジャイル開発
〜プロダクトを支えるPDCAの仕組み〜

名刺管理から始まり、さまざまなプロダクトを手がけてきたSansan。
その裏側で紙、画像、PDFなど、多様なフォーマットからプロダクトに必要なデータを抽出してきたデータ化の仕組みについて、どのような体制やプロセスを用いて開発し、改善を進めてきたのかを「アジャイル」というキーワードとともにお話しします。
特に今回は、インボイス対応が追い風となり成長が加速しているBill Oneの裏側についても詳しくお話しします。

タイムスケジュール

2023年 11月 16日(木)
19:00~21:00(受付時間 現地参加:18:45〜20:00/オンライン参加:18:50〜)

時間 コンテンツ
19:00 - 19:05 (05分) Opening
19:05 - 19:20 (15分) データ化を進化させるアジャイル組織
(技術本部 Digitization部 / 相川 俊介)
19:20 - 19:35 (15分) 急成長するBill Oneのデータ化を支える、数字を武器にしたオペレーション管理
(技術本部 Digitization部 オペレーションセンター / 田付 裕太郎)
19:35 - 19:50 (15分) Bill Oneの自動データ化エンジンの開発プロセス
(技術本部 研究開発部 Automationグループ / 白石 卓也)
19:50 - 20:05 (15分) Bill One の成長に向き合うアジャイル開発
(技術本部 Digitization部 Bill One Entryグループ / 小田 崇之)
20:10 - 21:00 (50分) 懇親会(現地参加の方限定)

※タイムスケジュールや内容は変更になる可能性があります。

参加方法

  • connpassにてお申し込みを受け付けます。右上の「このイベントに申し込む」よりご登録ください。
    オンライン参加は当日の発表終了時間まで、受付可能です。
  • 開催の一週間前までに、ご参加方法をconnpassからのメールにて配信し、上記「参加者への情報」欄にも記載します。
    開催一週間前の日以降にお申し込みの方は、上記「参加者への情報」欄をご確認ください。
  • オンラインでの配信はZoomを予定しております。
  • イベントへのお問い合わせは「33tech@sansan.com」宛てにイベント名などを記載の上でご連絡ください。

会場について

Sansan株式会社
東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル 13F
https://jp.corp-sansan.com/company/info/

※ 表参道駅 B2出口から徒歩4分
※ 20:00ごろ受付終了とさせていただきますので予めご了承ください。

Speaker Profile

技術本部 Digitization部
相川 俊介

2018年 Sansan株式会社に中途入社。
名刺データ化システムGEESのエンジニアを経て、現在は複数のデータ化アプリケーション開発チームが所属するグループのマネージメントに従事。

登壇タイトル:データ化を進化させるアジャイル組織

Digitization部と研究開発部がどのように連携し、Sansanのコア技術であるデータ化の仕組みを開発運用しているのかをご紹介します。

技術本部 Digitization部 オペレーションセンター
田付 裕太郎

2018年 Sansan株式会社に中途入社。2年間既存営業を経験。
2020年にDigitization部に異動し、名刺のデータ化運用やデータ化パートナー担当を経て、現在は請求書のデータ化運用に従事。

登壇タイトル:急成長するBill Oneのデータ化を支える、数字を武器にしたオペレーション管理

TBD

技術本部 研究開発部 Automationグループ
白石 卓也

2021年Sansan株式会社に中途入社。
専門は画像認識。研究開発部のAutomationグループ所属。名刺データ化エンジンの開発やBill Oneの自動データ化エンジン開発に従事。

登壇タイトル:Bill Oneの自動データ化エンジンの開発プロセス

Bill Oneの自動データ化エンジンの開発プロセスについて紹介します。ルールベースと機械学習を組み合わせ、さまざまなレベルの品質チェックを通じて、短期的・中長期的な自動データ化エンジンの改善に取り組んでいることをご紹介します。

技術本部 Digitization部 Bill One Entryグループ
小田 崇之

2021年Sansan株式会社に中途入社。
Bill Oneの請求書をデータ化する Bill One Entry グループに配属。去年からマネージャーとして働き始め、メンバーと共にサービスの急成長と向き合う。

登壇タイトル:Bill One の成長に向き合うアジャイル開発

改めてアジャイル開発の特徴に触れながら、組織のどんな要素がアジャイル開発に寄与しているかを紹介します。

会社紹介

Sansan株式会社
Sansan株式会社は「出会いからイノベーションを生み出す」をミッションとして掲げ、働き方を変えるDXサービスを提供しています。主なサービスとして、営業DXサービス「Sansan」や名刺アプリ「Eight」、インボイス管理サービス「Bill One」、契約DXサービス「Contract One」を国内外で提供しています。
- テックブログ
- 採用情報
- エンジニア組織について
- Twitter


注意事項

  • 参加枠が最小遂行人数に満たない場合や関係者の急病や天災などにより、開催を延期または中止する場合がございます。
  • 当日会場にて申込を確認させていただく場合がございます。
  • イベントの様子・内容をまとめ、後日公開させていただく場合がございます。
  • 懇親会では、アルコールの提供を予定しています。ご来場の皆さま同士での交流をお楽しみください。
    ※20歳未満の方の飲酒は固くお断りいたします。
  • 会場内はWi-Fiを用意しております。
  • 電源の用意はございませんので予めご了承ください。
  • 会場は禁煙となっております。
  • 参加目的が不適切だと判断される場合には、運営側で参加をキャンセルさせていただく場合がございます。

個人情報のお取り扱いについて

本イベントで取得する個人情報のお取り扱い方針は以下の通りです。ご同意の上でお申し込み・ご参加ください。
Sansan株式会社の個人情報のお取り扱い方針

アンチハラスメントポリシー

本イベントはアンチハラスメントポリシーを定めております。参加者は内容をご確認、ご同意の上でご参加をお願いします。

本イベントでは、特定の社会的属性――ジェンダー・性自認・性的指向、障がい、外見・身体的特徴、エスニシティ・国籍、年齢、宗教、特定のツールやプログラミング言語、専門とする学問領域、教育的バックグラウンドなど――に基づく差別的言動を、一切許容しません。 加えて、参加者による以下のような行為を、SNS、イベント会場等問わず禁止します。

・攻撃的な発言
・脅迫行為
・ストーキング行為
・つきまとい
・不適切な接触
・性的な画像の掲示などを含む不適切な情報の開示
・その他、事務局が不適切と判断した行為
参加者がこれらの行為に加担した場合、事務局側は当該参加者に対し必要な処分を行うことができます。この処分には、当該参加者への勧告、今後のイベントに聴講者・登壇者として関わることの禁止などを含みます。また、今後のよりよい運営のために、事態の詳細をレポートとして公開する場合があります。 本サービスの中で、「これはハラスメントではないか?」と感じたり、他の誰かがハラスメントを受けていることに気が付いた場合、または事務局側の体制がこれらのポリシーを満たさないと感じることがあった場合には、以下までご連絡ください。

mail:33tech@sansan.com

以上、イベントの健全な運営のため、ご協力をお願いします。

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

SansanTech

SansanTech published 多部署連携で実現する最高のアジャイル開発 〜プロダクトを支えるPDCAの仕組み〜.

10/26/2023 10:41

多部署連携で実現する最高のアジャイル開発 〜プロダクトを支えるPDCAの仕組み〜 を公開しました!

Group

Ended

2023/11/16(Thu)

19:00
21:00

You cannot RSVP if you are already participating in another event at the same date.

Registration Period
2023/10/26(Thu) 10:41 〜
2023/11/16(Thu) 21:00

Location

Sansan株式会社

東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル 13F

Organizer

Attendees(45)

maanii2002

maanii2002

多部署連携で実現する最高のアジャイル開発 〜プロダクトを支えるPDCAの仕組み〜 に参加を申し込みました!

翡翠

翡翠

多部署連携で実現する最高のアジャイル開発 〜プロダクトを支えるPDCAの仕組み〜 に参加を申し込みました!

k-shinguchi

k-shinguchi

多部署連携で実現する最高のアジャイル開発 〜プロダクトを支えるPDCAの仕組み〜 に参加を申し込みました!

_ryook

_ryook

多部署連携で実現する最高のアジャイル開発 〜プロダクトを支えるPDCAの仕組み〜 に参加を申し込みました!

manaty226

manaty226

多部署連携で実現する最高のアジャイル開発 〜プロダクトを支えるPDCAの仕組み〜 に参加を申し込みました!

YutaroTakase

YutaroTakase

多部署連携で実現する最高のアジャイル開発 〜プロダクトを支えるPDCAの仕組み〜 に参加を申し込みました!

TANAKARITO

TANAKARITO

多部署連携で実現する最高のアジャイル開発 〜プロダクトを支えるPDCAの仕組み〜 に参加を申し込みました!

tominagaaaaa

tominagaaaaa

多部署連携で実現する最高のアジャイル開発 〜プロダクトを支えるPDCAの仕組み〜 に参加を申し込みました!

marks

marks

多部署連携で実現する最高のアジャイル開発 〜プロダクトを支えるPDCAの仕組み〜 に参加を申し込みました!

Attendees (45)

Canceled (6)