お知らせ connpassではさらなる価値のあるデータを提供するため、2024年5月23日(木)を以ちましてイベントサーチAPIの無料での提供の廃止を決定いたしました。
2024年5月23日(木)以降より開始予定の「connpass 有料API」の料金プランにつきましてはこちらをご覧ください。

お知らせ connpassをご利用いただく全ユーザーにおいて健全で円滑なイベントの開催や参加いただけるよう、イベント参加者向け・イベント管理者向けのガイドラインページを公開しました。内容をご理解の上、イベント内での違反行為に対応する参考としていただきますようお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Nov

10

Sansan R&D TECH SHOWCASE -ビジネスをドライブするR&Dのウラガワ大公開-

Organizing : Sansan株式会社

Sansan R&D TECH SHOWCASE -ビジネスをドライブするR&Dのウラガワ大公開-
Hashtag :#SRTS2023
Registration info

現地参加

Free

Standard (Lottery Finished)
29/30

オンライン参加

Free

Attendees
83

Attendees
HiroshiKoba21
yamano8413
KATSUHIKOENDO
Yosuke Nakamura
de_l_a_1
yut7G8
Keigo Hirohara
yu-ya4
NaohiroKimura
Yuto_Kobayashi
View Attendee List
Start Date
2023/11/10(Fri) 19:00 ~ 21:20
Registration Period

2023/10/20(Fri) 14:11 〜
2023/11/10(Fri) 21:20まで

Location

Sansan株式会社

東京都渋谷区神宮前5-52-2 (青山オーバルビル3F)

View Map Venue Homepage
参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)
出席登録
(イベント開始時間の2時間前から終了時間まで、参加者のみに公開されます)

Description

Sansan R&D TECH SHOWCASE
-ビジネスをドライブするR&Dのウラガワ大公開-

Sansanの研究開発部はビジネスをドライブする組織です。メンバーがプロダクト志向を強く持ち、数々の研究成果でプロダクトを進化させてきました。当イベントでは、6つの発表を通じてどのように高速に仮説検証をすすめ、リリースを実現しているのかを発表します。

前半はPlatform EngineeringとData Product Managementの観点からサクッとアイデアを検証し、リリースまで実現するプラットフォームをご紹介します。
後半はそのプラットフォームから画像処理、機械学習、自然言語処理を用いた研究プロセスの実例をお伝えします。

こんな方におすすめ

  • データ活用による事業貢献に取り組んでいる方
  • ML PdM/MLOps/DevOpsに興味のある方
  • Sansan R&Dの取り組みに興味のある方  など

タイムスケジュール

2023年 11月 10日(金)
19:00~21:20(受付時間 現地参加:18:45〜20:00/オンライン参加:18:50〜)

時間 コンテンツ
19:00 - 19:05 (05分) Opening
19:05 - 19:15 (10分) データ活用のためならなんでもやるDataDirectionTeamの話
19:15 - 19:25 (10分) 営業DXのためのアプリケーション提供で見えてきたデータ活用、データプロダクトマネジメント
19:25 - 19:35 (10分) アプリケーション基盤側から見たリードタイム2週間、年間100リリースへの挑戦
19:35 - 19:45 (10分) Break(歓談)
19:45 - 19:55 (10分) NineOCRの改善を支えるFeatureStore
19:55 - 20:05 (10分) メール署名取り込みにおける名刺情報抽出の取り組み
20:05 - 20:15 (10分) データ入力の自動化率向上のための取り組み
20:20 - 21:20 (60分) 懇親会(現地参加の方限定)

※タイムスケジュールや内容は変更になる可能性があります。

参加方法

  • connpassにてお申し込みを受け付けます。右上の「このイベントに申し込む」よりご希望の参加枠をお選びください。
    アンケートをご記入の上、11月6日 12:00までにお申込みください。抽選結果は11月8日にconnpassのメッセージよりご連絡いたします。
    オンライン参加は当日の発表終了時間まで、受付可能です。
  • 11月8日までに、ご参加方法をconnpassからのメールにて配信し、上記「参加者への情報」欄にも記載します。
  • オンラインでの配信はZoomを予定しております。
  • イベントへのお問い合わせは「33tech@sansan.com」宛てにイベント名などを記載の上でご連絡ください。

会場について

Sansan株式会社
東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル 3F
https://jp.corp-sansan.com/company/info/

※ 表参道駅 B2出口から徒歩4分
※ 20:00ごろ受付終了とさせていただきますので予めご了承ください。


発表概要

1. データ活用のためならなんでもやるDataDirectionTeamの話

今まではデータ基盤構築をメインに推進してきたDataDirectionTeamですが、現在はそこから広がって各プロダクトに入り込んでデータ活用促進をしています。そんなDataDirectionTeamの日々の取り組みから、Sansanでデータマネジメントを推進する面白さまでを、入社3ヶ月目のフレッシュな視点からお話しします。

Architectグループ 坂口 遥(@hacchi_san_dayo

一橋大学経済学部経済学科修了。新卒で大手コンサルティングファームに入社し、様々なプロジェクトに関わった後、大手IT会社に転職。新卒採用や人事データ基盤の構築に携わる。その後、スタートアップにて事業企画やデータマネジメントなどを経験し、2023年9月にSansanに入社。現在は全社横断のデータ基盤の開発とデータ利活用の促進に従事。

2. 営業DXのためのアプリケーション提供で見えてきたデータ活用、データプロダクトマネジメント

私が所属するチームはSansan Labsのアプリケーション開発・社内データ活用を主に担っています。直近自分自身が携わったアプリケーションを題材に開発プロセス、データプロダクトマネジメント、LLM活用について話します。

SocSciグループ 猿田 貴之(@srt_taka

慶應義塾大学院修士課程修了。新卒でメーカーのR&D部門でコンピュータビジョン、機械学習関連の研究開発などに従事。その後スタートアップ2社でテクニカルプロダクトマネージャーやエンジニアリングマネージャーを経験して2023年6月Sansanに入社。現在はSansanのデータ群から新しい価値を生み出すべく、新サービスのプロダクトマネジメントに従事。

3. アプリケーション基盤側から見たリードタイム2週間、年間100リリースへの挑戦

弊社の研究開発部が展開するアプリケーション実験基盤「Circuit」は、リードタイム2週間で年間100回のリリースを目指す実験的な機能「Sansan Labs」を支えています。このプレゼンテーションでは、アイデアからデリバリーまでのプロセスを最速化する取り組みをPlatform Engineeringの観点からお話しいたします。

Architectグループ 新井 和弥(@KAZYPinkSaurus

名古屋工業大学大学院工学研究科情報工学専攻博士前期課程修了。 前職ではデータエンジニアとしてBtoB SaaS企業のABMプラットフォームプロダクトの開発に従事。2022年Sansan株式会社入社。研究員とともにDevOps/MLOpsに向き合う。チームの生産性を大切にしている。中部支社勤務。

4. NineOCRの改善を支えるFeatureStore

名刺に特化したOCRエンジンである「NineOCR」は、従来のデータ化の精度をそのままにデータ化コストの削減に貢献しています。このプレゼンテーションでは、NineOCRの改善に利用されているOCR結果のキャッシュを学習に適した形式に変換し、保管しておくための基盤である「FeatureStore」の構成や活用例をお話しいたします。

Architectグループ 八藤丸 諒士

前職ではナビゲーションサービスの運営会社でWebAPIの設計・開発を担当。2020年にSansan株式会社へ入社し、Sansan事業部プロダクト開発部に所属。現在は、研究開発部 Automation GroupにてDevOps/MLOpsを担当し、名刺やビジネス文書のデータ化を効率化・自動化する技術の研究開発に従事。関西支店勤務。

5. メール署名取り込みにおける名刺情報抽出の取り組み

メール署名取り込みは、営業DXサービスSansanにおいてメール接点をデータとして蓄積できる機能です。本発表では、メール署名取り込みにおいてメールから名刺相当の情報を抽出するための自然言語処理技術についてお話します。

Data Analysisグループ 橋本 航

九州大学大学院工学府修士課程修了。在学中は、第一原理計算に対するベイズ学習の応用研究に取り組む。現在はベイズ学習を始めとした、さまざまな機械学習技術の実応用に関する研究開発に従事。

6. データ入力の自動化率向上のための取り組み

99.9%以上の精度と早いスピードを実現しながらアナログ情報をデジタル化する技術は、Sansanのビジネスモデルを支える大きな強みとなっています。本発表では、データ入力作業の自動化率改善のために取り組んだ内容についてお話します。

Data Analysisグループ 齋藤 慎一朗(@sinchir0

東北大学大学院工学研究科博士前期課程修了。日系SIerや外資系IT企業で、電力・保険・製薬など多様な業界に対する、機械学習を用いたシステムの提案やPoC・開発・保守運用に従事。現在は契約書データの文字認識に関する研究開発を担当。Kaggle Expert。

会社紹介

Sansan株式会社
Sansan株式会社は「出会いからイノベーションを生み出す」をミッションとして掲げ、働き方を変えるDXサービスを提供しています。主なサービスとして、営業DXサービス「Sansan」や名刺アプリ「Eight」、インボイス管理サービス「Bill One」、契約DXサービス「Contract One」を国内外で提供しています。
- テックブログ
- 採用情報
- エンジニア組織について
- Twitter


注意事項

  • 参加枠が最小遂行人数に満たない場合や関係者の急病や天災などにより、開催を延期または中止する場合がございます。
  • 当日会場にて申込を確認させていただく場合がございます。
  • イベントの様子・内容をまとめ、後日公開させていただく場合がございます。
  • 懇親会では、アルコールの提供を予定しています。ご来場の皆さま同士での交流をお楽しみください。
    ※20歳未満の方の飲酒は固くお断りいたします。
  • 会場内はWi-Fiを用意しております。
  • 電源の用意はございませんので予めご了承ください。
  • 会場は禁煙となっております。
  • 参加目的が不適切だと判断される場合には、運営側で参加をキャンセルさせていただく場合がございます。

個人情報のお取り扱いについて

本イベントで取得する個人情報のお取り扱い方針は以下の通りです。ご同意の上でお申し込み・ご参加ください。
Sansan株式会社の個人情報のお取り扱い方針

アンチハラスメントポリシー

本イベントはアンチハラスメントポリシーを定めております。参加者は内容をご確認、ご同意の上でご参加をお願いします。

本イベントでは、特定の社会的属性――ジェンダー・性自認・性的指向、障がい、外見・身体的特徴、エスニシティ・国籍、年齢、宗教、特定のツールやプログラミング言語、専門とする学問領域、教育的バックグラウンドなど――に基づく差別的言動を、一切許容しません。 加えて、参加者による以下のような行為を、SNS、イベント会場等問わず禁止します。

・攻撃的な発言
・脅迫行為
・ストーキング行為
・つきまとい
・不適切な接触
・性的な画像の掲示などを含む不適切な情報の開示
・その他、事務局が不適切と判断した行為
参加者がこれらの行為に加担した場合、事務局側は当該参加者に対し必要な処分を行うことができます。この処分には、当該参加者への勧告、今後のイベントに聴講者・登壇者として関わることの禁止などを含みます。また、今後のよりよい運営のために、事態の詳細をレポートとして公開する場合があります。 本サービスの中で、「これはハラスメントではないか?」と感じたり、他の誰かがハラスメントを受けていることに気が付いた場合、または事務局側の体制がこれらのポリシーを満たさないと感じることがあった場合には、以下までご連絡ください。

mail:33tech@sansan.com

以上、イベントの健全な運営のため、ご協力をお願いします。

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

SansanTech

SansanTech published Sansan R&D TECH SHOWCASE -ビジネスをドライブするR&Dのウラガワ大公開-.

10/20/2023 14:11

Sansan R&D TECH SHOWCASE -ビジネスをドライブするR&Dのウラガワ大公開- を公開しました!

Ended

2023/11/10(Fri)

19:00
21:20

You cannot RSVP if you are already participating in another event at the same date.

Registration Period
2023/10/20(Fri) 14:11 〜
2023/11/10(Fri) 21:20

Location

Sansan株式会社

東京都渋谷区神宮前5-52-2 (青山オーバルビル3F)

Organizer

Attendees(112)

HiroshiKoba21

HiroshiKoba21

Sansan R&D TECH SHOWCASE -ビジネスをドライブするR&Dのウラガワ大公開- に参加を申し込みました!

yamano8413

yamano8413

Sansan R&D TECH SHOWCASE -ビジネスをドライブするR&Dのウラガワ大公開- に参加を申し込みました!

KATSUHIKOENDO

KATSUHIKOENDO

Sansan R&D TECH SHOWCASE -ビジネスをドライブするR&Dのウラガワ大公開- に参加を申し込みました!

Yosuke Nakamura

Yosuke Nakamura

Sansan R&D TECH SHOWCASE -ビジネスをドライブするR&Dのウラガワ大公開- に参加を申し込みました!

de_l_a_1

de_l_a_1

Sansan R&D TECH SHOWCASE -ビジネスをドライブするR&Dのウラガワ大公開- に参加を申し込みました!

yut7G8

yut7G8

Sansan R&D TECH SHOWCASE -ビジネスをドライブするR&Dのウラガワ大公開- に参加を申し込みました!

Keigo Hirohara

Keigo Hirohara

Sansan R&D TECH SHOWCASE -ビジネスをドライブするR&Dのウラガワ大公開- に参加を申し込みました!

yu-ya4

yu-ya4

Sansan R&D TECH SHOWCASE -ビジネスをドライブするR&Dのウラガワ大公開- に参加を申し込みました!

NaohiroKimura

NaohiroKimura

Sansan R&D TECH SHOWCASE -ビジネスをドライブするR&Dのウラガワ大公開- に参加を申し込みました!

Yuto_Kobayashi

Yuto_Kobayashi

Sansan R&D TECH SHOWCASE -ビジネスをドライブするR&Dのウラガワ大公開- に参加を申し込みました!

Attendees (112)

Canceled (13)